寿命や使い方、水漏れが起こる原因と修理

寿命や使い方、水漏れが起こる原因と修理 住宅の中には水道を使用する設備がたくさんあります。また、床下には水を給水するための水道管があり、マンションなどの集合住宅では屋上などに貯水タンクがあります。水は生活をする上でなくてはならないものであり、万が一水漏れなどのトラブルが発生すると水道を使用することができず、生活はままならなくなってしまいます。故意に配管や部品などを破損させた、水を出しっぱなしにしたという理由以外にも、配管や部品、設備などの経年劣化を免れることはできず、水のトラブルはいつ起こるかわかりません。水のトラブルがいつ起こっても冷静に対処することができるように、水漏れの修理に関する知識を蓄えておきましょう。

■トイレタンクの寿命は10年前後?

壁の角に三角形のタンクが取り付けられている隅つきロータンク、便器の後ろについている密結型ロータンクなど、トイレタンクの種類は様々で、近年普及しているのがタンクレストイレなどです。トイレタンクの仕組みや構造は種類が違ってもある程度同じで、水漏れが起こる箇所や原因などもある程度のパターンがあります。トイレタンクは丈夫な陶器でできていることから、一見壊れるようなことはないだろうと感じるのですが、実はトイレタンクにも寿命があります。トイレタンクの寿命は使い方にもよりますが、だいたい10年前後です。10年経過するとタンクの内部の部品や外部のホースなどが劣化して故障が増えてきます。

■配管や部品にも寿命がある?
キッチンのシンクや洗面台、トイレタンクなどに使用されている配管や部品を確認してみると、金属がほとんど使われていないことに気が付きます。多くの場合ゴムやプラスティックが使用されており、金属部品は腐食や錆に弱いことが理由となっています。ですが、こういった配管や部品にもトイレタンクと同じように寿命があり、経年劣化によって破損してしまう可能性はおおいにあります。水のトラブルを引き起こさないためにも普段から定期的な点検を行い、必要に応じて給湯器 修理したり、配管や部品を交換したりしておくことで急なトラブルを防ぐことに繋がります。

■普段の使い方がトラブルの原因?

設備や配管、部品などの経年劣化が原因となることが多い水回りのトラブルですが、中には使い方が原因になっていることもあります。キッチンのシンクに油を流すことで配管が詰まってしまいますし、洗面台やバスルームの排水口に髪の毛などのゴミが溜まっているまま放置するのも原因になります。また、トイレに流してはいけないものを流したりすることでも水は漏れてしまうので、必ずしも水のトラブルが経年劣化によるものとは限りません。

■ハウスメーカーの保証が使えるか確認する
賃貸物件の場合は管理会社や大家さんに相談することが先決ですが、自己所有の住宅の場合は配管の施工や設備の導入などを行ったハウスメーカーに相談することで、保証期間内であれば無料で直してもらうことができます。さらに、施工会社に依頼することができるので、住宅への影響なども最小限にして修理をしてもらうことができます。自己物件で水回りにトラブルが発生した場合は、まずはハウスメーカーに連絡をして相談しましょう。保証期間が終わっていても施工会社であれば必要な部品の調達などもスムーズに行うことができます。

■まとめ
水回りのトラブルは一度発生すると、目に見える部分だけではなく、床下や壁の中など様々なところに影響を与えます。マンションなどの集合住宅の場合は他の住民にも迷惑をかけてしまうことになるので、発見したら迅速に対処することが重要です。一戸建ての物件でも放置してしまうと住宅の構造に影響を与える可能性もあるので早めに対処するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース